ポイントバッカーや業者の特徴と騙されないためのメール術

優良出会系サイトはサクラを使っておりません。その点では、安心して出会いを探せると言えるでしょう。しかし、それらの優良なサイトにも、我々男性の出会いの邪魔をするような連中はわんさかいるのです。ポイントバッカーと業者がこれに当たります。それに騙されると、時間やお金を無駄にすることになりますので、ポイントをなるべく節約するためにも、それらの存在について正しい知識を身につけ、騙されないための方法を覚えておく必要があるのです。

この記事では、まず業者やポイントバッカーがどういったものかを明かしたうえで、最後に、それらの連中に騙されないためのメール術をご紹介したいと思います。

ポイントバッカーについて

ポイントバッカーというのは、ひとことで言えば、サクラ行為をする素人です。先ほど、優良サイトはサクラを使っていないといいましたが、彼らはサクラを雇うのではなく、素人女性に対し換金可能なポイントを付与することで、サクラの代役を務めさせているのです。そのポイントは、女性が男性とメールをしたり、自分のアップロードした画像を見てもらったりするたびに加算されていきます。そのようなポイント、つまりお小遣い稼ぎだけを目的にサイト登録している女性のことを、ポイントバッカーと呼ぶのです。

どうしてサイトがそのようなポイント付与を行うのかというと、そうして何か特典をあげないことには、女性会員が獲得できないからです。女性は別に出会い系なんかに登録しなくとも、会いたいと思えばネット掲示板やSNSでいくらでも相手を見つけられるでしょう。そこでポイント付与なのです。このシステムがあれば、女性は出会いを探しながら、同時にお小遣い稼ぎもできます。こういった側面があるため、出会い系が女性にポイントを付与するのは仕方ないとも言えるのです。

その弊害として生まれたのが、お金だけを目的としているポイントバッカーですね。素人女性ではありますので、会える可能性もゼロではありませんが、やっていることは基本的にはサクラと同じ。会えないと考えておいたほうがよいでしょう。

特徴としては、サクラと同じように、サイト内でのメールを長引かせようとするということが挙げられます。連絡先の交換は会ってから、会うのは仲良くなってからというふうに言って、でもセックスには前向きな態度を示して、メールに付き合わせる。そしてそろそろいい頃合だと思ったところで、連絡を絶つ。それを繰り返してお金を稼いでいくんですね。サイト内でのやりとりにこだわっている女性には、充分注意したほうがよいでしょう。

各種業者について

業者にはふたつ種類があります。ひとつが、男性会員の連絡先を入手し、これを悪用するもの。もうひとつが、援交という形で客を取る風俗嬢のようなもの。前者は会えることはなく、後者は会えるというのが大きな違いでしょうか。まあ、同じ業者とはいえ、内容も目的もまったく違っていますね。

前者はよく「アドレス回収業者」「他サイト誘導業者」と呼ばれています。その特徴は、メールの1通目から連絡先を教えてくることです。こちらがろくにプロフィールも設定していないのにメールアドレスや電話番号を教えてきた、あるいはどうして自分に連絡先を教えようと思ったのか明確でない、そういうときには、アドレス回収業者を疑ったほうが良いでしょう。

他サイト誘導業者との違いは、勧誘行為の有無です。アドレス回収業者は、集めた個人情報をそのまま悪用しますが、他サイト誘導業者は、直で連絡を取り合うなかで、「ここのサイトに登録してほしい」と申し出てきます。その両方を兼ねていることもありますね。

他方、援助交際という形で客を取る風俗嬢は「援デリ業者」と呼ばれます。これは文字通り、個人的な付き合いといった形で援交をする風俗嬢、つまり違法売春組織の一員ということを意味します。この業者は、セックスフレンドになりたいと言ってきて、しかし最初の1回は不安だから援助して欲しい、2回目からはタダでいい、貰ったお金は2回目以降のホテル代にするなどと言って近づいてきます。言うまでもなく、これらの女性は同じ男性と二度会うつもりはないのです。騙されないよう気をつけてください。

ポイントバッカーや業者に騙されないメール術

では、これらの連中に騙されないための方法について考えていきましょう。まず、アドレス回収業者、これへの対処法は直接に連絡をしないことです。そうしていれば被害に遭うことはありません。

次にポイントバッカー対策ですか、これも実に簡単です。自分の中で女性とメールする回数の上限を決めればよいのです。たとえば5通と決めたとします。そうしたら、その5通以内に連絡先の交換ができなければ、その女性は諦めて、別の女性に行く。こうしていれば、ポイントバッカーに騙され、多額の出費をするはめになるようなこともありません。

また、時にはメールをしないという選択も必要でしょう。たとえばその女性が「仲良くなってからじゃないとLINE交換しません」などとプロフィールに書いていた場合。メールしないほうがいいですね。そういった女性と長いことメールをしても、会えるとも、LINEを交換できるとも限りません。たとえ彼女がポイントバッカーでなくとも、そういった女性と長いことメールして、結果振られたりすれば、騙されたのと同じことになってしまいます。

少しでも疑わしいと思ったらメールしない、実際にメールしてみて連絡先の交換を断られたら早々に退却する。こうすることでポイントバッカーによる被害を最小限にとどめ、また、出会い系に登録しながらさして出会いたいわけでもなさそうな、「金のかかる女」に引っかかってしまう可能性も低くなるのです。

最後に、援デリ業者の対策について。援デリ業者は、自らメールを送ってくることが多いです。しかし、おそらくはその文章はコピペで複数の男性に送っているものなのでしょう、会いたいなどと言いながら、「何故会いたいと思ったのか」という動機がはっきりしていないことが多いです。というかほとんどそのパターンです。

したがって、ある日メールが来た、会いたいとかセックスしたいとか書いてあるけれど、どうして自分つまりあなたと会いたいと思ったのか、どこを魅力に思ったのかが書かれていない。こういう場合にはほぼ100%援デリ業者なので、返信しないでください。そうすればポイントを無駄にすることもありませんから。