出会い系サイトの料金の仕組み

出会い系サイトをこれから使おうと思っている方が不安に思うのは、それにどのくらいのお金が必要かということだと思います。できれば無料のものを使いたいと考える男性は多いでしょうが、その心理につけこむ悪質サイトが多いことには注意しなくてはなりません。

たとえば「当サイトは完全無料です」と謳っている出会い系サイトであっても、登録すると実は有料であるということが普通にあります。どうしてそのような嘘を平然とつけるのか。不思議に思って私、運営者に問い合わせてみたことがあるのですが、そうして返ってきた答えは「最初に付与される無料ポイントを使っているうちは完全無料です」というものでした。

その理屈でいえば、たとえば登録後1時間だけ無料でメールが利用できるといったサイトも「完全無料」になってしまいます。はっきり言ってむちゃくちゃです。しかし悪質サイトは平気でそういうことをするわけですね。

私の体感ではありますが、完全無料を謳っている出会い系サイトには、悪質なところが多いように感じます。Mコミュのような優良サイトもあることにはあるのですが、その数はきわめて少ない。そのMコミュにしてもやはり大手と言われるサイトには会員数の面で劣りますので、本気で出会いを探そうと思ったら、有料の出会い系サイトとしてきちんと運営されているところを使うしかないんですね。そういう意味では、出会い系サイトは「有料である」と言えるかもしれません。

料金の仕組みは?

それでは、有料サイトではどのような場合に料金が発生するのでしょうか。優良と言われるサイトを念頭に話しますが、出会い系サイトの料金は基本的に前払いです。プリペイドと同じようなもので、事前にサイトにお金を払い込み、それによって得たポイントを使って異性と連絡を取っていきます。

保有ポイントの減算が行われるのは、異性にメールを送ったときや、掲示板の書き込み・プロフィールを閲覧したときなど多岐にわたります。詳しくは今使おうとしているサイトの料金表でご確認ください。サイトによってメール送信の料金は少しずつ異なりますが、優良サイトであれば1通50円ほどというのが相場です。女性ひとりに対し何通までと決めればそこまで出費はかさみません。ちなみにメール1通に100円以上かかるようなサイトはすべて悪質サイトですので、登録しないようにしましょう。

また、料金の支払い方法に「後払い」を設定しているようなサイト。これもすべて悪質です。それは要するにポイントが「マイナスになる」ということ。知らないうちに料金が発生していた、請求が来たということになりかねません。優良サイトはそのすべてが前払い制のみを提供しておりますので、登録の際にはその点も要確認です。

料金の支払い方法は?

では、料金の支払い方法はどのようになるのでしょうか。これもサイトによって少しずつ異なりますが、クレジットカードやウェブマネー、銀行振り込みが主となります。優良サイトであれば、クレジットカードの情報がサイト側に知られてしまうことはありません(そういう仕組みになっている)ので、安心です。

購入金額は、どのサイトでも段階的に設定されており、最低1000円からというところが多いですね。出会い系サイトでは1ポイント=10円とされていることがほとんどなので、たとえば1000円課金すれば、100ポイントが加算されるということになります。その状態で女性にメッセージを送信すると、50円つまり5ポイントが引かれ、残りは95ポイントになるというわけです。

アドレスや電話番号の交換はいくら?

出会い系サイトで連絡先を交換するのは有料だと思われている方も多いのではないかと思います。しかしそれは悪質サイトでの話で、優良サイトであれば、連絡先の交換に別途お金がかかるようなことはありません。

悪質サイトですと、アドレス交換に3000円かかるとか、女性に「アドレスが文字化けしている。写真で送ってみて?」と言われ送ろうとすれば画像送信が2000円くらいになっているとか、そのような料金設定になっていることがほとんどです。これと「後払い」がセットになっていると最悪ですね。自分のポイントが1000円分しかない、アドレス交換が有料とは知らずにアドレスを送信する、保有ポイントがマイナス2000円分になる、といったように。本当にこういうことが起こりうるので、悪質サイトに登録してはいけないのです。

優良サイトであれば、連絡先の交換なんて普通の会話の延長のようなものですし、出会い系としてそれを文字化けさせるようなおかしな工夫をする必要はどこにもないわけですから、アドレスや電話番号を無料で問題なく交換することができます。それらにお金がかかるというのは、悪質サイトに端を発するイメージなんですね。

年齢確認をしていないと……

ただし、優良サイトであっても、送信されたアドレスに文字化け処理を行ったり、削除したりするケースもあります。それはそのアドレスを送った人物が、年齢確認を行っていない場合です。

出会い系サイトは異性紹介事業として届出を行っており、サイト内でセフレ等の大人の関係を求めることも許可されています。ですから当然それは18歳未満は利用できないサービスとなるわけです。今では出会い系サイトはすべて会員の年齢を確認する義務を負っていて、会員はそれに協力しなければなりませんが、そのタイミングは会員それぞれ任意とされているんですね。

そしてサイトによっては、年齢確認をしていない会員であっても、サイト内でのメールの交換はできるようになっていることもあります。ただしそういう場合、連絡先を送ろうとすると、文字化けしたり削除されてしまったりするのです。

出会い系サイトを使っていると時折、なぜか「えーえーえー★いーぜっとうぇぶ……」といったようにアドレスを暗号化して送ってくる女性がいますが、あれはすべてアドレス回収業者で、年齢確認を行っていないから、文字化けするのを防ぐために、上のようにアドレスをひらがなに開いたりして送ってくるのです。

もしあなたが年齢確認を済ませないまま連絡先の交換を試み、業者と同じような感じのメールを女性に送ったとします。おそらく直接連絡をくれる女性はひとりもいないでしょう。だって業者としか思えないのですから。最近では、クレジットカードでポイントを購入することにより、年齢確認も同時に行えるサイトが増えてきました。登録後に1000円くらい課金するのが良いかもしれませんね。